ボルゾイの迎え方1
2011 / 02 / 12 ( Sat )
まずあなたがボルゾイをどれ位飼いたいのか(愛しているのか)に尽きます。

いきなり初めての犬がボルゾイでも、小さなお子さんが居ても構わないと思います。

飼いたい時が飼い時・・・だと私は考えます。

結果、ボルゾイは断念して他の犬に・・・というあなたは一生、ボルゾイを飼う事はないでしょう。



私もボルゾイの魅力に取りつかれた一人です。

ちなみに私がボルゾイを選んだ理由は


・私の考える世界で最も美しい生き物だから。

・3~4歳が最も美しいと言われ、成長が楽しみな犬だから。

 (小型犬では味わえない喜びだと思います。)


他にも幾つかありますが、この2点が決定的でした。




私が必要だと思う事は以下4点。

・まずはボルゾイがどんな犬であるか事前に調べること。

・実際の成犬の大きさを知る(見る)こと。

・家族全員の承諾が得られている事。

・小さなうちにちゃんと自分で躾ける自信がある事。


一つ目のどんな犬か調べること、は今はネットで調べれば簡単に調べる事が出来ます。

但し誤った情報(理想論)もあるのでそこはご自身で判断して下さい。



例えばお散歩は、朝夕1時間なんて書いてありますが、そんな事はありません。


ウチの場合、朝は10分程度。夕方は10~60分程度です。

(もちろん休みの日に3時間歩いた・・・なんて事もありました。)


もちろん雨の日は行きません。


でもある程度体が出来るまで(2歳位まで)は飼った責任として


頑張って早起きをしたり、出来る限り、時間を作ってあげて下さい。




庭に放牧・・・出来ればこれが一番簡単です。


ウチの庭・・・残念がら極小です。


でも犬も広さなりにうまいこと走り回るものです。お陰で雑草は無くなりました。


逃げ出さない様にだけ注意して下さい。(環境を整えるか、監視するか。)




二つ目ですがこれも絶対に必要です。出来れば家族全員で一度は見て下さい。

一般的に男の子の方が大きいので出来れば男の子で。


かなりデカイです。



近所にもしボルゾイが居なければ、JKCのHP等でショーのスケジュールが載っていますのでそれを参考に。

出陳頭数の多い大会(大きな大会)なら必ずいると思います。



これは私の反省でもあります。


私と子供は見ましたが、妻は子犬を引き取りに行くまで、成犬を見た事がありませんでした。


妻は親である男の子とすれ違う際、完全に固まっていました。


しかしそんな妻も今では感覚がマヒしたようですが。




3つ目は絶対条件です。


どんな犬を飼う時でもそうだと思いますが、一人家族が増えるのと同じ事だと思って下さい。



2つ目とも絡みますが、家族の中で怖がったりする子が居てもいけませんし、


皆が家族の一員として協力しなければ、犬なんて絶対に飼えません。


子供にせがまれて飼ったものの、いつの間にか、お母さんが全ての世話をしている・・・なんてありがちな光景です。


もう一度家族で話し合い、気付いた人が世話をする、にしないと結果、可哀そうなのは飼われた犬です。


犬は飼い主を選べませんから。


ちなみにウチの場合ですが、基本気付いた人がやる、ことになっています。


でも子供が気付く事はないので、私が指示してやらせます。


それでも一番長く家にいる妻の負担が一番大きいとは思います。



4つ目。

小さい時が肝心です。

大きくなると手がつけられないと思って下さい。

(もちろん大きくなってからも可能ですが、小さい時に教えるのの何倍も時間も根気もいる作業となります。)


出来れば1歳位までのうちに、完璧に誰が主人で、何がしてはいけない事かを教え込んで下さい。


あと購入先のことにも絡みますが、親犬の性格も大事です。



もし困ったことになったら、こちらは購入先、もしくはプロがいますので、そちらへ相談して下さい。





ここまで色々書きましたが、あくまで私の考える大事なことです。


他にも色んな考え方があっていいと思いますし、逆に正しい方法なんてないと思います。


あまり考えすぎず、いきなりボルゾイ・・・それもアリだと思います。


ただ家族を一人増やすのに、前もっての心構えは大事だよ、という事が言いたかったのと、


私自身の備忘録として書いてみました。



ご意見・ご感想等ありましたら、コメントを。
スポンサーサイト
22 : 38 : 08 | クレア | コメント(2) | page top↑
<<ボルゾイの迎え方2 | ホーム | ひさびさ(写真はありません)>>
コメント
----

こんにちは

基本的に 躾の必要な生き物を 子供が育てる、お世話すると言うのは 無理があると思います。
単に餌を与え 糞尿の始末をし 可愛がるのなら
小さな子供でもできると思いますが。

大きさに関係なく共同生活するのですから 特性をわきまえた分別ある大人の手助けなくては 最後まで子供に。。。なんて考えてる家庭ではきちんとは飼えないのではないかとすら思います。

かわいいペットをみんなにも。。。というふうな感じにも受け取れましたので 不躾とは思いましたがコメント残させていただきました。
by: あほ姫 * 2011/03/03 04:46 * URL [ 編集] | page top↑
--あほ姫さんへ--

コメントありがとうございます。

どちらかといえば、
かわいいペットをみんなにも・・・よりは
最低限ボルゾイを飼う上で、これだけは守ってね、
を書いたつもりです。


ボルゾイ・・・本当に美しい生き物です

子供に世話は出来ても、散歩や躾は不可能です。
大人の私や妻でも、転倒する位のパワーを秘めています。

憧れだけでは飼える生き物ではありません。

・・・そこがまた魅力でもあるのですが。
by: clareパパ * 2011/03/04 00:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |