スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ボルゾイの秘密 続き
2007 / 09 / 16 ( Sun )
子供の頃見た2頭のボルゾイ。

その時は名前すら知りませんでしたが、
子供心に強烈なインパクトでした。

「なんだ、この美しい生き物は!」

それから数十年。
大人になり結婚し、子供も出来、
結婚10年で家も建てました。

家を建てる際、絶対に家の中が汚れるので、犬なんか飼わない、
と決めていましたが、
はて、犬といえば、確か・・・
その時子供の頃見た2頭のボルゾイの記憶が蘇ります。

それから急いでボルゾイのことについて調べました。
良いこと、悪いこと一杯あります。
(前述の悪いことはもちろん予想範囲内でした。)

もともとモノには余り執着はありません。
モノ(この場合家)は壊れたら、その箇所を直せばそれで済みます。

ボルゾイの寿命から考えると私自身歳もそんなに若くはありません。
むしろボルゾイデビューには遅すぎるかもしれません。
飼う以上、この大型犬を生涯十分満足させられるだけの運動が出来るか・・・

実際に飼うかどうかはもちろん悩みました。
飼ったら後戻りは出来ません。



私の決断が正しかったかどうかはまだ分かりません。
死に際に「愛しているわ、パパ・・・」と言ってくれる様に、
これからも・・・ いやこれまで以上に頑張らないといけません。


今日は約3週間ぶりにお風呂に入れましたが、
初めておとなしく、されるがままでした。
今私の足元で寝ています。
半分閉じた瞬膜の奥の瞳が激しく動き、足がピクピクしています。
いわゆるREM睡眠中の様です。
どんな夢を見ているのでしょうか。

悪い所ばかりを先に書いてしまいましたが、
良い所はそれを補って余りある位、沢山有ります。

それは次回へ、ではおやすみなさい。
スポンサーサイト
00 : 55 : 59 | クレア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ボルゾイの良いところ1 | ホーム | ボルゾイの秘密>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://borzoiclare.blog119.fc2.com/tb.php/4-f33f5a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。