スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
虹の橋を渡りました(2)
2017 / 03 / 27 ( Mon )
いまだにクレアのいない生活に妻ともども馴染めていません。

私たちにとってとても大きな存在でした。



毎朝お線香をあげるのが日課になりました。

フォトフレームを購入し、これまでに撮った全ての写真を収め、時々眺めています。

位牌?も購入し、納品待ちです。



以前コメント頂いた方の中に、続けてボルゾイを2頭亡くされた方が居られましたが、

その方の気持ちがやっと少し分かった気がします。

心にポッカリ穴の開いたこの状態は一体いつまで続くのでしょうか?



スポンサーサイト
00 : 02 : 45 | クレア | コメント(0) | page top↑
虹の橋を渡りました(1)
2017 / 03 / 04 ( Sat )
3月2日 クレアが虹の橋を渡りました。



備忘も含め、とりあえず経緯だけ記載しておきます。



昨年晩秋の頃にはお散歩もポチポチ歩きになり、
行っても家から20mくらい歩いて、済ませるものが終わると動かなくなり、帰ろーって。

2月6日以降はお散歩にも行けなくなり、寝たきりに。

そのままするのは嫌なのか、始めこそ抵抗が見て取れましたが、
そのうちすっかり、そのまましてしまう様に。

妻が介護関係の仕事をしている事が、実技、知識の両面で、凄く役に立ちました。



寝たきりになってからは床ずれも酷く、妻がネットで探したベッドに寝かせていました。

病院の先生に往診に来て頂いた所、詳しくは病院で検査してみないとわからないが、
骨肉腫ではないか、もし骨肉腫であれば、足を切断して・・・との事でしたが、
それでどれだけ生き永らえる事が出来るかは分からないとのこと。

妻とも話し合い、そんな負担を掛けてまで・・・ということになり、
それからは抗生物質や痛み止めの薬を飲ませつつ、最後の日を迎える覚悟へ。



2月25日からはご飯を食べなくなり、
3月1日の午後7時位に容体が急変。
翌3月2日の12:30頃虹の橋を渡りました。



私は看取る事が出来ませんでしたが、
最後の瞬間は妻が立ち会いました。
最後5分程は相当苦しんだそうです。



家に帰るといつもと同じように横になっているクレアの姿。
まるで眠っているかのよう。
違うのは冷たい事だけで、今にもむくっと起き上がりそうです


それからクレアをブラッシングしながら、
きつかったね、
もう大丈夫だよ、と声を掛けました。


翌3月3日の朝6:45にペット専門の葬儀屋へ運び、
今日小さくなって帰ってきました。
18 : 33 : 21 | クレア | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。