スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ボルゾイの迎え方2
2011 / 02 / 23 ( Wed )
ボルゾイを飼う事に決めたら、


まずは子犬探し・・・ではなくブリーダー探し、 ♂-♀ どちらを飼うか、を決めて下さい。




これから10年付き合う大事な家族を選ぶ訳です。




















どんなことがあっても、

















最後に




















「大好きだったわ、パパ(ママ)・・・。」

















といって涙を一滴垂らす・・・




























そんな愛犬の最後を看取る覚悟が出来ましたか。



























ここからが一番重要です。



はやる気持ちを抑え、慎重に、焦らず、自分の理想の彼、彼女と出会うべく計画を立てて下さい。







ブリーダー探しですが、



ブリーダー探し=ブリーダーにあなたが何を望むか、だと思います。



ボルゾイ専門のブリーダーさん

 =きっと良いボルゾイを作っているに違いないし、ボルゾイに関する見識が深くて今後とも頼りになる。


なるべく近くのブリーダーさん。

 =困った時に相談に乗ってくれる。


もちろん、自分の欲しい(飼いたい)理想に近い犬を作っているブリーダーさん、


話を聞いて信頼出来るブリーダーさん




・・・であれば良いと思います。






他にも







素人繁殖(どんなブリーダーも初めは素人!)


  意外と職業ブリーダーさんに比べ、愛情たっぷりに育てられている?




ペットショップからの購入


  両親は見れない。プロ、もしくは素人繁殖の売れ残り???

  一概に悪い子とは限らない・・・。




海外からの輸入・・・


  EU系の綺麗・美しいボルゾイがお好み、


  新しい血(繁殖を考慮して)を日本で・・・とお考えで、お金が許すなら。






これらが悪い訳ではありません。


どの場合も、ご自身の責任の上での購入でしょうから








もし、将来、ドッグショーに出てみたい、と思っているなら、事前に伝えて下さい。


(但し、価格は上がるかもしれません・・・。家庭犬として迎えるつもりならこの質問はしない方が無難。)





子犬の時の下痢や、食欲不振(単に偏食ともいう)は必ず訪れます。


近くの病院に行くよりも、まずは購入したブリーダーさんに相談するのが良いと思います。


きっと病院よりも的確に答えてくれる筈です。




またボルゾイは多産です。


そのうち同胎の子の飼い主同志で集まってワイワイ騒ぐのも楽しいものです。








そういった横のつながりが嫌なら、ペットショップで購入して下さい。


但し、前項でも書きましたが、性格は両親と飼い方で決まります。


その大事な一つを見れない事は、覚悟しておいて下さい。







次に♂-♀どちらを飼うか・・・ですが、



まず一般的な違いから。


どちらかといえばですが、


  毛が長い(綺麗)♂  毛が短い ♀

  (♀よりふた周り位)大きい ♂  小さい ♀

   優しい ♀  荒い ♂




世話が大変なのは、明らかに♂です。


シッコで前足が黄色くなったり、異臭騒ぎを起こすのは、必ず♂です。


でもその大きさと神々しいまでの美しさは♂でないと味わえません。



また、初めての方、もし少しでもこの超大型犬を飼うことに迷いがあるなら・・・♀にして下さい。









スポンサーサイト
23 : 08 : 33 | クレア | コメント(0) | page top↑
ボルゾイの迎え方1
2011 / 02 / 12 ( Sat )
まずあなたがボルゾイをどれ位飼いたいのか(愛しているのか)に尽きます。

いきなり初めての犬がボルゾイでも、小さなお子さんが居ても構わないと思います。

飼いたい時が飼い時・・・だと私は考えます。

結果、ボルゾイは断念して他の犬に・・・というあなたは一生、ボルゾイを飼う事はないでしょう。



私もボルゾイの魅力に取りつかれた一人です。

ちなみに私がボルゾイを選んだ理由は


・私の考える世界で最も美しい生き物だから。

・3~4歳が最も美しいと言われ、成長が楽しみな犬だから。

 (小型犬では味わえない喜びだと思います。)


他にも幾つかありますが、この2点が決定的でした。




私が必要だと思う事は以下4点。

・まずはボルゾイがどんな犬であるか事前に調べること。

・実際の成犬の大きさを知る(見る)こと。

・家族全員の承諾が得られている事。

・小さなうちにちゃんと自分で躾ける自信がある事。


一つ目のどんな犬か調べること、は今はネットで調べれば簡単に調べる事が出来ます。

但し誤った情報(理想論)もあるのでそこはご自身で判断して下さい。



例えばお散歩は、朝夕1時間なんて書いてありますが、そんな事はありません。


ウチの場合、朝は10分程度。夕方は10~60分程度です。

(もちろん休みの日に3時間歩いた・・・なんて事もありました。)


もちろん雨の日は行きません。


でもある程度体が出来るまで(2歳位まで)は飼った責任として


頑張って早起きをしたり、出来る限り、時間を作ってあげて下さい。




庭に放牧・・・出来ればこれが一番簡単です。


ウチの庭・・・残念がら極小です。


でも犬も広さなりにうまいこと走り回るものです。お陰で雑草は無くなりました。


逃げ出さない様にだけ注意して下さい。(環境を整えるか、監視するか。)




二つ目ですがこれも絶対に必要です。出来れば家族全員で一度は見て下さい。

一般的に男の子の方が大きいので出来れば男の子で。


かなりデカイです。



近所にもしボルゾイが居なければ、JKCのHP等でショーのスケジュールが載っていますのでそれを参考に。

出陳頭数の多い大会(大きな大会)なら必ずいると思います。



これは私の反省でもあります。


私と子供は見ましたが、妻は子犬を引き取りに行くまで、成犬を見た事がありませんでした。


妻は親である男の子とすれ違う際、完全に固まっていました。


しかしそんな妻も今では感覚がマヒしたようですが。




3つ目は絶対条件です。


どんな犬を飼う時でもそうだと思いますが、一人家族が増えるのと同じ事だと思って下さい。



2つ目とも絡みますが、家族の中で怖がったりする子が居てもいけませんし、


皆が家族の一員として協力しなければ、犬なんて絶対に飼えません。


子供にせがまれて飼ったものの、いつの間にか、お母さんが全ての世話をしている・・・なんてありがちな光景です。


もう一度家族で話し合い、気付いた人が世話をする、にしないと結果、可哀そうなのは飼われた犬です。


犬は飼い主を選べませんから。


ちなみにウチの場合ですが、基本気付いた人がやる、ことになっています。


でも子供が気付く事はないので、私が指示してやらせます。


それでも一番長く家にいる妻の負担が一番大きいとは思います。



4つ目。

小さい時が肝心です。

大きくなると手がつけられないと思って下さい。

(もちろん大きくなってからも可能ですが、小さい時に教えるのの何倍も時間も根気もいる作業となります。)


出来れば1歳位までのうちに、完璧に誰が主人で、何がしてはいけない事かを教え込んで下さい。


あと購入先のことにも絡みますが、親犬の性格も大事です。



もし困ったことになったら、こちらは購入先、もしくはプロがいますので、そちらへ相談して下さい。





ここまで色々書きましたが、あくまで私の考える大事なことです。


他にも色んな考え方があっていいと思いますし、逆に正しい方法なんてないと思います。


あまり考えすぎず、いきなりボルゾイ・・・それもアリだと思います。


ただ家族を一人増やすのに、前もっての心構えは大事だよ、という事が言いたかったのと、


私自身の備忘録として書いてみました。



ご意見・ご感想等ありましたら、コメントを。
22 : 38 : 08 | クレア | コメント(2) | page top↑
ひさびさ(写真はありません)
2011 / 02 / 07 ( Mon )
放置プレーもこの辺で・・・。




いつの間にか、私は39歳になり、クレアも4歳になりました。




いまだにクレアの犬嫌いは直りませんが、

今日はわんにゃんドーム2011に行ってきました。


知った方はみっちさんだけ、・・・いや、正確にはザ・みっちズ。


みっちさんと、優しそうな旦那さんがご一緒でした。



また、このブログを見てくれた・・・という(貴重な?)方ともお会いする事が出来ました。
(・・・もう2年位放置していたので申し訳なくて。)


まだ1年経っていない位の男の子のボルさんを連れて居られました。


(・・・すみません、またお名前聞くの忘れました。)


足も太くて将来有望。


将来はきっと綺麗な王子様になると思われます。




まずぐるっと1周した後、クレアは生まれて初めてのリボンを付けてもらいました。


のを両耳の前にチョコンと付けてお座りする姿はまるでお姫様です。
(・・・親バカの戯言ですから無視して下さい。)


また試供品好きのクレアの為に2度もセレクトバランスさんのブースに並んでしまいました。


一度目は4袋だけでしたが、


2度目は 「この子、試供品好きなんで・・・。」に心を打たれた店員さんから、15袋も頂きました。



おやつの試食なんて、マジ食いで次から次へとパクパク美味しそうなジャーキーを貰っていました。


ちなみにそんなクレアの体重は現在34.6kg!!

太っている・・・とは思いませんが、貫禄が出てきた・・・とは言えるかも知れません。


ボルゾイって超大型犬なんて言われますが、それは一部の男の子位で、
女の子で45kgなんて子も確かに存在しますが・・・。)


ほとんどはラブやゴールデンよりちょっと大きいかな?程度だと思います。


確かに犬を飼って居られない方や、小型犬の飼い主さんからみれば、怖い存在かもしれません。






今日もクレアを連れていたお陰で沢山の方から声を掛けて頂きました。


やはり珍しい犬種ですし、私が思う世界で一番美しい生き物ですから。






いつの間にか、クレアも4歳になりました。


そろそろ私の考える、ボルゾイの迎え方・・・について、一度まとめてみたいと思います。


いろんなブログを見たり、このブログやmixiを通じて知り合えた方の話を参考に・・・。



それは次回・・・という事で。
00 : 51 : 54 | クレア | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。